スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お星様に…

2014.02.15 22:07|仕事のこと
気付けばもう2月も半ば。
私、2ヶ月弱、ご無沙汰してました。
その間、いろんなことがありすぎて、そして頭の中がぐちゃぐちゃで…
どんな言葉を並べても、その言葉が嘘のようにしかならなくて、全く日記が書けない状況でした。

今は…
まだまだぐちゃぐちゃなんだけど、ちょっとだけピークは過ぎたような気がします。
頑張れ、私p(^^)q


そんな中、とっても悲しい出来事がありました。
私、今は訪問看護の仕事をお休みし、学校ナースの仕事だけをしています。
毎日行っているわけではないのですが…。
私が通う学校の生徒さんが1人、昨日、お星様になりました。
心臓に疾患があって、車いすに乗ってて、言葉はなかったけど、その表情でいろんな事を伝えてくれてました。
12月末くらいから体調を崩していて、学校を休みがちだったけど、最近は頑張って通ってきてくれてました。
卒業まであと2週間だったのに…。
いつも朝になると保健室に来てくれたYくん。
もう彼の笑顔が見れないなんて悲しすぎます。

でもね、お通夜でお父さんの言葉は、
今までお疲れさま。よく頑張ったね…

そうなんだよね。ホントによく頑張ったんだよね…
いつも一生懸命だったよね。

私たちは年明けからYくんの体調の変調に気づいていました。
何とかしてあげたいけど何も出来ないもどかしさ、病院だったらDr.に掛け合って検査を依頼できる。
でもホントに私たち、無力で何もしてあげることが出来なかった。
もしあの時、検査したら…、
こんな思いがずっと消えない。
Yくん、何もしてあげられなくてごめんなさい。
お空に帰ったら、苦しさもつらさも何もなく過ごせているかな?
ご冥福をお祈りします。



明日は看護師国家試験なんだそうです。
私たちはまだ3月の頃だったなあ…。
合格発表が4月中旬で、就職先の師長さんから合格したことを聞かされたっけ。
みんなこの国試のために必死で勉強してきたはずなのに、雪のせいで試験を受けることの出来ない受験生が何人もいるそうです。
そのため、受けることの出来ない受験生は1ヶ月以内に試験を受けることが出来るよう、配慮がなされるらしいです。
その配慮は大変ありがたいけれど、やはり精神的に不安定になりますよね。
大雪は自然災害なので仕方がないのですが、何もこんな時に大雪にならなくても…。
ナースのたまごのみなさん、後少し、頑張って下さいね♪

スポンサーサイト

夢、つかみました!!

2013.07.01 21:27|仕事のこと
先月末、5年半働いた病院を退職しました。
ナースを辞めるつもりはなかったけど、仕事を休んでばかりいるのがイヤだった。
そして休みがちな私に与えられた仕事に対して、自分自身納得がいかなかった…。
まあ、私のわがままです。
給料をもらって働く、だから仕事内容にあれこれ文句を言える立場じゃないことは承知しています。
でもやっぱり妥協はしたくなかったんです。

今は子どもと向き合う時なんだと言い聞かせ、いつか働ける時が来たら在宅の仕事をしよう…。
そう思ってました。

そんな時、友達が声をかけてくれました。
訪問看護ステーション、もし良かったら一緒に仕事をしない!?と。

友達は大学時代の同級生。大学時代はめっちゃ仲が良かったって訳ではなかったので、卒業後は特に連絡も取っていませんでした。
再会は4年前、訪問看護養成講習会でした。
話をしたら、何とめちゃめちゃ近くに住んでいた!!
講習会終了後も同窓会があったり、メールのやりとりをしていました。私はその後、祥の病気があったのですが、その時もいつも元気づけてくれて…。
そんな友達が訪問看護ステーションを立ち上げると聞いたのはちょうど1年前のこと。
私、友達の行動力にただただ感心するばかり、すごい!!そしてうらやましいなあ~!!って。
私はステーションを立ち上げようなんて考えたこともないけれど、ステーションで働きたいってずっと思っていたから、友達がすごくうらやましかったです。
その時、私はステーション勤務なんて到底無理だって思っていたから…。
この1年、友達は本当に大変だったと思う。何もないところからの出発。そこから今、多くの利用者さんを抱える代表者へ…。努力しているところを見ているから、友達は本当にすごい!!私、尊敬してます。

私は自分の仕事のことも話していたので、友達は私の仕事への葛藤も理解してくれていました。
そして友達から「うちに来る?」と言われた時はとっても嬉しかった。
でもいつ休むか分からないし、もしかしたら長期休んでしまうかもしれない…、そう思うと友達に迷惑をかけたくないという想いもありました。
悩んだけど、友達の訪問に対する想いなどを聞いたら、ここで働きたい!!という想いが強くなり、自分の思いを話した上で働かせてもらうことにしました。
早速、会社の名刺を作ってもらいました。
人生初の名刺、とっても嬉しかったです(*^_^*)

旦那には何も相談もしないで決めてしまいましたが、反対もせず頑張ってねって。

rps20130622_221311_659.jpg   rps20130622_221247_256.jpg

旦那は転職祝いに訪問バッグと服、人工呼吸マスクもプレゼントしてくれました。
ありがとう!


私はまだ1人では何も出来なくて、同行して指導を受けている身なんだけど、指導を受けながらスタッフのみんなの利用者さんや家族の方に対する対応を見て、自分の病院での看護がいかに押し付けで自己満足だったのかを痛感しました。
利用者さんや家族の方との関わりを学び、さらに自分の技術も見直し…。
いつか私も利用者さんや家族の方が安心して在宅生活が出来るようなお手伝いが出来たら…と思います。

友達へ…
こんな私をステーションで受け入れてくれてありがとう。
覚えるまでに時間もかかるし、もしかしたら突然休む時があるかもしれない。
でも自分なりに精いっぱい働くからね、これからもご指導よろしくお願いします!

考えて考えて…、決めました

2013.05.23 21:41|仕事のこと
自分には看護師になった時から夢がありました。
それは在宅の人に対しての看護がしたい…

私が看護師になったのは今から17年前のこと。
まだ訪問看護師が定着してなかった頃で、往診に来る先生と一緒に看護師が来る…というイメージでしたが、私はずっと在宅の仕事がしたいと思っていました。

4年前、その夢を叶えるために、半年間の研修に行きました。
仕事をしながらの研修はつらかったけど、半年の間に研修友達も出来、楽しく研修を終えることが出来ました。
この研修を終えたら、訪問看護師の道に進もう…、そう決めてました。

その計画が狂ったのは祥の病気…。
私は仕事を選べる身分じゃなくなってしまったんです。
どんなに休んでも、ドタキャンしても何も言わず、働かせて下さった師長さんやスタッフのみなさんには感謝しています。
私の居場所を与えてくださったこと、ありがたく思っています。

でも私はずっと考えてました。
これ以上病院のみんなに甘えてたらいけない…。
しかも今の仕事内容では自分のモチベーションも上がらないし、不満を抱えて働くのはスタッフのみんなにも患者さんにも自分自身にも良くない。
そして祥。
私が仕事を休む度に「自分のせいで…」と謝るんです。
そんな祥、私が仕事の日は絶対に学校でしんどくても我慢してて、私の仕事が終わると電話がかかって来るんですよね。
私、そんなに我慢させてまで仕事をしなきゃいけない!?


今回、長く休んでるうちに、いろいろ考えました。
そして考えた結果は「退職」でした。
今までも何度も考えて、何度も師長さんに伝えて来たけど、今回は絶対に気持ちは曲げないでおこう…。
病棟に行くとみんなが笑顔で話しかけてくれる。
私はスタッフのみんなは好きだから、話をしてると心が揺らぐ…けど。

退職させてください

師長さんは考え直さないかとか、今まで通りで良いから…とか言われたけど、私は「子どもの謝る姿を見たくないんです」と言ったら、「あなたはまだ若いからいつでも働ける!」と。
そして私の退職は6月末に決定しました。


まずは辞めて、その後のことを考えよう…。
私、まだ、夢をあきらめたくないから…。
これから祥のことを見ながら、訪問看護の勉強をまたしていきたいです。


傷つく一言…

2013.01.24 22:32|仕事のこと
最近、ネガティブになってる私。
こんな時って、何かのきっかけでどんどん負の連鎖に陥っていくわけで

何でこんなにネガティブな気持ちになっているのか…。
それは正直、私にも分かりません。
でもきっと何かがあったのだろうな…。
思い当たるふしはアリです(>_<)

先週後半にインフルになった私。
運良く、週末は仕事がお休みだったのですが今週月曜日はまだ解熱後2日目だったので、お休みをもらいました。
電話をした時の師長さんの第一声は「あなた、木曜日、どの患者さんと接触した!?」でした。
まあ医療機関なので、職員が患者さんに感染させてしまっては問題です。
リスク管理を考えなきゃいけない師長さんにとって、その言葉は当たり前なのだと思います。
でも何だかなあ…、私、複雑な気持ちになっちゃいました。

翌日、まだ咳も出るし、体調は今一つでしたが、入浴介助もあったので出勤。
するとその日、熱発患者さんが出現したんです。
「Kon菌だって心配したけど、インフルはマイナスだったからホッとしたわ。もう、今インフルが出たらあなたの菌やよ」と。
笑って流したけど、私、そんなに犯人扱いされなきゃいけない!?

そして今日、ちょっとミスをしてしまった私。
あなたはただやらなきゃいけないことを片付けのようにやってるからこんなミスを犯すんだよ。
もっとすべてのことに対して理由付けて、何でそうなるのかを考えて行動すればこんなミスは犯さなかったはず
かなりきつく言われてしまいました。
今日のことは言われた通りです。言い返すことは出来ません。
私は確かにやっつけ仕事のようにしてたのだから…。

でもね、言い訳でしかないのだけど、やったことのないことをいきなりやらされて、誰も教えてくれなくて…。
こんなモチベーションも低い私、やる気なんて出ない。
そんなに言うならやり方教えてよ。私、やったことないって言ったのに…。

それでもミスはミス。そして迷惑をかけたのは確か。
インシデントレポートを書きました。

今、仕事のみならず、すべてにおいてやる気出ず。
このままではいけないのだけど…。


先日、友達にパワーストーンのストラップをプレゼントしてもらいました。

rps20130115_185732_410.jpg

調べてみるとインカローズ、ローズクォーツ、クォーツのストーンで作られた素敵なストラップ。
インカローズやローズクォーツは癒しの石、クォーツは浄化…なのだそうです。

いつまでもイライラしてたらダメだよね。
ちゃんと気持ち、切り替えないと…。
負の連鎖は自分が呼んでるものだよね。

来週からはこの気持ちを引きずらないで、気持ちを切り替えて頑張ろう。

自分のやりたいこと

2013.01.16 17:20|仕事のこと
ここ最近、いや、ホントはずっとずっと前から仕事のことを悩んでました。
今のまま、ただ毎日何となくある仕事をこなしていればそれで良いのか・・・。
決まった時間だけ職場にいたらお金はもらえる。
でもそれで満足なの私・・・。

私が今の病院に就職した時にはまだまだ機能別看護が残っていた病棟。
清潔ケアをする看護師、バイタルチェックをする看護師、検査出しをする看護師・・・。
1人の患者さんに対していろんな看護師が携わっていました。
でも今の流れは1人の患者さんに対して受け持ち看護師がいて、そのチームで患者さんの日常生活を支援するチームナーシングを基本に動いています。
そうすると私みたいなフリーで動く看護師っていらないんですよね。

今の私の仕事といえば・・・、

朝は出勤したら直ぐに食事介助。
食事介助が終わったら口腔ケアをして食堂からお部屋に患者さんを戻す。
清潔ケア(入浴介助、体拭きなど)をする。
トイレ介助や誘導。
環境整備(ベッド周りの清拭)、物品チェックをする。
点滴台周りの物品補充。
血糖チェック、経管栄養患者の食事の準備と施行。
昼食のため、患者さんを食堂へ移動介助。
昼食、食事介助、口腔ケア、部屋への移動介助。
経管栄養患者終了後、片付け。
翌日の検査、点滴の準備をする。
昼食後のおむつ交換。
ナースコールへの対応。
食事摂取量のカルテ記載。

これで8:00〜13:30、休憩なしで5.5時間です。
誰かがやらないといけない仕事、でもね、よく見ると看護師じゃなくても出来る仕事ばかりなんです。
そして、患者さんと直接的に接する仕事はほとんどない。

私、今の病院に行く前、結婚する前は正職員として急性期病院で働いていました。
何人かの患者を受け持ち、自分が患者さんと相談して挙げた問題点や目標を達成するために、観察、ケア、指導を行っていくなど、患者さんとは密接に関わっていました。
もちろんトラブルを起こしたこともあるし、なかなか上手くいかずに悩んだことも多くあります。
でも日々変わっていく患者さんに接していきながら、患者さんにとってどうすることが最良かを考えるのは楽しかったし、成果として現れていくので仕事へのモチベーションも上がってました。

今・・・、日々、目の前にある仕事のみをやっていく。
しかも、チームナーシングを取り入れた病棟に私の居場所はなく・・・。
勤務時間を増やして私も受け持ち患者を持つか、もしくはホントに人の必要な時間(入浴介助)の日のみ、働くか・・・。
時間さえいたらお金はもらえるのかもしれない。
でもそんな働き方はしたくない、必要とされないのならいる意味がない。

そして私には1人、病棟で苦手な人がいます。きっと彼女も私のことが嫌いでしょう。
病棟が忙しいからと思って私が他の人の仕事をすると、それはあなたの仕事じゃない!!とはっきり言います。
子どものことがあるのに無理して仕事に来なくて良い!!とも言われます。
私は仕事をしてる時は無理に来たなんて一言も言ってないし、ちゃんと仕事をしているつもりですが・・・。
(思いっきり愚痴ですみません
どうも私が病棟にいるのがうっとおしいみたいです
ちなみに私はその人が勉強熱心で、いろんなことを知っていることは認めます。
でも患者さんに接する態度は看護師として、以前に人として疑問を持つことが多々あります。
あまり深くは言いたくないですが

そんな環境の中、私の出した結論は、どうしても必要な時間だけ働き、日にち、時間ともに少なくしよう・・・と。
週2日、1日4時間。

昨日、職場でも数少ない同僚にそのことを打ち明けました。
何だかその働き方はもったいないね・・・と言われたのですが
でも私はやっぱりこれ以上の時間延長は出来ないし、子どもたちが体調が悪かった時は無理をしてまで働きたくない。
同僚も子どもに負担はかけたくないから仕方がないよね・・・と。


今日の朝、私は師長さんに自分が関われる仕事がないのならいる意味もないし、日にち、時間ともに少なくしたい・・・と話しました。
すると師長さん。

機能別看護からチームナーシングに変わってきて、確かに出来ることは減って来てるかもしれない。
でも今までの仕事の中でもあなたにやりがいはあったの
きっとやることがあったからやってるだけで、あなたはその仕事に満足はしていなかったはず。
今も前もずっとあなたは好きでこんな仕事をしていたわけじゃないでしょう。
本当はどんな仕事がしたいの・・・。

ホントは患者さんのケアや看護をして、成果を評価したりしたいんじゃないの。
せっかくあるスキルが出せなくて、本当はイライラしてるんじゃないの
今のままでは時間を縮めても結局は同じなんじゃないの。やりがいのない、満足のいく仕事は出来ないんじゃないの。
あなたはどのように働きたいのそれは時間が長い、短いに関係ないでしょ・・・。
ここ最近、ずっと、つまらなさそうに働いてるのに気付いていたよ。


痛いところを突かれてしまった。
そう、私は自分でも分かっていたんです。
時間を減らしても、やっぱり満足のいく仕事は出来ないんです。
だって、自分がしたことへの成果が分からない、達成感がない、今の仕事はただやってるだけなんです。
そして、それは子どもがいるから・・・って、責任から逃れたくって、やろうとしていないことも。
私、文句を言いながら自分自身が逃げているんです。
きっと、師長さん、それを見抜いていたんでしょうね。


そして私の勤務時間については今までと変わらず。
かと言って、何か私の仕事が変わるわけでもないんだけど、でも今までと変わったことは自分のモヤモヤがちょっとだけ吐き出せたことかな

あっちょっとだけ変わったことがあります。
今、患者さんの中で皮膚障害がひどく、私も入浴介助でよく関わる患者さんがいます。
入浴する上でもどうしたら患者さんが苦痛なく、安全、安楽に出来るか、試行錯誤で行っているのですが、その患者さんの入浴だけでなく、処置も含めて受け持ちさんと同じように介入してはどうか・・・と、師長さんが提案してくださいました。
その一言がとっても嬉しかったです。

私も子どもを理由にしていつまでも責任逃ればかりしていてはいけない。
自分がしたいこと、出来る仕事、考えなきゃ・・・。




プロフィール

kon

Author:kon
頭蓋咽頭腫腫瘍摘出術後、汎下垂体機能低下症にて療養中の長男と、その家族のほのぼの日記です(^^)v
Facebookでも書き込みしています。友達、随時募集中です^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。