スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校を考える

2014.05.17 22:25|病気、障害のこと
5月に入り、暑いなあ~って感じる日が多くなりました。
この季節、我が家にとっては一番鬼門なんです。
なぜって…
それは祥の体温調節が一番難しく、体調を崩しやすいからです。
この時期を入院せずに過ごせた時って何時だろうって思うくらい、この季節を乗り切るのは難しいんです。
祥、GW辺りから明らかに体調は不安定になっていました。
熱がこもってるなあ…そう感じてました。
アイスノンを使ったり、衣服で調節していたのですが、学校では学生服だし、水分もなかなか時間がなくて取れていなかったようです。
祥に限らず、学校の生活は時間に追われてトイレに行く暇さえない…と友達からも聞いていました。
祥の学校は今月末には球技大会もあり、外で練習する機会も増えました。
祥、みんなに迷惑をかけないように、みんなについて行こうと頑張っていたようです。

12日、月曜日、朝から発熱し、発汗多量。
風邪っぽくはないと言うので、体温調節がうまく出来ないのかなあ…と思い、登校させました。
小学校だったら、間違えなく休ませていたと思う。けど中学生、内申にも関わるだろうと思うと休んでいいよって言えなくて。
祥にはとにかく2時間頑張っておいで…と、送って行きました。
3時間後、やっぱり学校から電話が
迎えに行ったら、もうフラフラで自分で歩くのも困難なくらいでした。

病院に直行、血液検査の結果は…
高Na血症、極度の脱水です。主治医は痙攣や意識障害が起きなかったのが不思議なくらいだったそうです。
さすがに家には帰せないと言われ、入院。
祥もよほどしんどかったのか、いつもなら嫌がる入院をあっさり受け入れました。
点滴につながれ、ぐったりしてる祥を見て、私が思ってた以上に追い込まれていたことを思い知らされました。

翌日、ちょっと復活した祥は入院の継続を拒否し、主治医の制止を振り切って退院してきました。
心配だったので、手にある点滴の管を残したまま…。
退院時、主治医からは水分は1日3000mlを目標に取ること、体温が38℃を超えたら学校生活は中止することを言われました。

家に帰って、コツコツと水分をとりました。
とにかくNaが上がらないように…。
でも家に帰ってもフラフラな祥。1日のほとんどをウトウトしていて、なかなか思うように水分がとれず、起こしては無理矢理飲ませる感じでした。
もう今週は学校には行けないかなあ…。
そんな時、学校の担任の先生から電話がありました。そして先生と話をした祥、何を話したのかは分かりませんがその後から笑顔がo(^-^)o
15日木曜日、学活だけても行きたい…と、1時間だけ学校に行きました。
正直、まだまだ行けるような体調ではありません。歩行すらふらついている状態でしたが、本人が行きたいと思う時が登校復帰の時かなあと思ったんです。
この帰り…
学校に行ってみんなに会えたことがとってもうれしかったようです。
明日も学校に行きたい!!

そして16日金曜日は朝から5時間を過ごすことが出来ました。
体育や球技大会の活動は保健室で休んだようですが、みんなと過ごせた時間がとても楽しかったようです。
帰ってきたら死んだように寝てたけど(^-^;


祥は自分で望んで今の中学には入りました。
選択肢は他にあったと思います。
校区の中学、もしくは肢病の扱いがある特別支援学級、学校という選択肢もあります。
祥は小学校の時から体育はほとんど出来ないし、生活の早さについていくのもいっぱいいっぱいでした。
自分が特別支援学校で勤務していることもあって、特別支援学校への入学も考えていました。
その方が無理をしなくても良いのではないのかと。
ただ不安もあります。学校では先生たちのフォローは確実にあります。でもその先の進路、社会に出ることが出来るのか、就職はちゃんと出来るのか…悩みはつきません。
勤務先の先生たちに幾度となく相談もしました。確かに特別支援学校では無理をしなくても良い、自分の出来ないことに対して絶対に批判する人はいない、出来ることを伸ばしてくれる…ただ、進路は限られてしまうこと、何より本人が納得して入学しないと後悔してばかりになってしまうことを言われました。
やっぱり本人の意志が大切なんだと…。

祥は特別支援学校のことはよく知っています。実際に見学したこともあります。
その上で本人が今、今の学校を選択して通ってます。だから本人が無理だと思うまではこのまま出来る限りのことをしようと思います。
この入院をきっかけに、また担任の先生や管理者と学校生活のことは話し合い、今後の方針を決めました。

来週からは学校生活、完全復帰出来るかな!?
頑張りすぎないで、祥らしさを失わないで…
スポンサーサイト

考え方

2014.05.10 17:00|家族のこと
今日は土曜日なんだけど、なつと啓は登校します。
何故かって…、岐阜市の小中学校は今年から月に一度土曜日の授業を開始したのです。
そして今日は昼から参観日&PTA総会。
4月にあった参観日に行けなかった私は、転校後初めて2人の参観日に出席します。
2人の頑張りを見るのが楽しみ♪
2人が頑張れるように、お弁当も大好きなものをいっぱい作って入れてあげました。

午前中は祥と2人だけの時間
…と言っても、2ヶ月ぶりに再開したピアノのレッスンと、骨折した足の診察があったので、2人でランチするのが精一杯。
祥のリクエストで天ぷらを食べました

そしてお昼、2人の参観日へ…。
職員室と体育館以外入ったことのない学校。2人の教室を探すだけでも一苦労
なんせ全校生徒820人以上のマンモス校。建て増し建て増しの校舎は迷路のようで、どこを歩いているか分からないなってしまう
今日は啓の授業を重点的に見たかったので、始めになつの授業を見てきました。
授業は算数、2桁のかけ算。
発言するところは見れなかったけど、3年生になり私の方をキョロキョロ見ることは無くなりました。
真面目に授業を受けてたね。
そして啓。啓の授業も算数で小数のわり算。
見に行くと啓が1人で手を挙げていて…。

【問題】
2.4m96円のリボンと2.0m90円のリボン、どっちがお得?

この授業はわり算なのですが、啓の考えは2.0m90円のリボン1mの値段は45円。なのでこのリボン2.4mを購入した場合の金額を求めたらどっちがお得かが分かる…というのです。
啓はみんなの前で発表したのですが、みんなには理解してもらえず。担任の先生が啓の考えを再度わかりやすく説明してくださったのだけとほとんどの子が理解出来なかったようで啓はかなり不満げでした。
今日はわり算の授業なので、啓の考えはすぐに切り上げられ本題の授業に戻り、啓もすぐにわり算での方法を見つけて説いていました。

今日はわり算の授業だと言われているにも関わらずこの考えを発言する啓の空気の読めなさには驚いたけど、いろいろな解き方を考えることが出来る啓を見て、解く力は確実についているのだなあ…と感心した授業でもありました。
でも授業の主旨から外れてしまったことは確かで…、みなさんすみません<(_ _)>


GW前には祥の参観日もあり、初めて中学の参観日も見ることが出来ました。
中学の授業は小学校にはない緊張感があって、みんながしっかりした意見が言えるのだなあと感心しました。

3人それぞれが新しい環境で頑張っている姿を見て、私も刺激を受けました
私も負けないように頑張らないとね

 
プロフィール

kon

Author:kon
頭蓋咽頭腫腫瘍摘出術後、汎下垂体機能低下症にて療養中の長男と、その家族のほのぼの日記です(^^)v
Facebookでも書き込みしています。友達、随時募集中です^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。