スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ今年も終わりです

2014.12.24 15:09|未分類
今日はクリスマスイブ。
我が家には嬉しい知らせのプレゼント(*^^*)

4ヶ月に1度の祥の頭部MRIの検査が今日ありました。
最近、頭痛もひどく心配していたのですが、結果は異常なし!
これで次回の検査、4月1日までは安心して生活出来る♪

久々に仕事もなく昼間に1人になったので、ウィンドウショッピングに行ってきました。
気分も良かったので、服や雑貨など買ってしまいました。
たまには良いよねえ~。
お店に行っていて、不思議だなあ…と思ったのは、今日ってクリスマスイブだよね!?でも意外とクリスマスムードは少なく、どっちかというとお正月用品の方が多いような…。
昨日、お休みのうちにパーティーをしてしまった家庭の方が多いのかな!?
うちも例外ではなく、昨日クリスマスを済ませてしまっているのだけどね(^-^;)

いよいよ明日からは大掃除をしなきゃいけないなあ…。
でも26日は祥の検査入院。
それが落ち着かないとなにもする気にならないなあ(+_+)
大掃除は子どもたちと来週から頑張ろうかな…。
それでも良いよね…

スポンサーサイト

うーん(>_<)

2014.12.10 11:55|未分類
今年も残すところあと21日になりましたね。
今年はホントにあっという間の一年でした。
祥の小学校卒業、中学入学、引っ越し、なつと啓の転校…、慣れないことだらけの日々でした。
私も生活環境が変わり、半ば鬱っぽくなったりもしましたが、今は周りのみんなに励まされて楽しく過ごすことが出来ています。
なつ、啓も新しい学校にも慣れたようで、新しい
環境の中で楽しく生活出来ているようです。
まあ、それなりに問題を抱えたりしてるけど、その時々で解決していってるみたいです。
それも成長だよね。

祥のこの一年は…
甘くなかった中学生活。毎日が試練でした。
薬のコントロールにも苦しみ、入退院を繰り返した一年だったと思います。
つらかったね…。

そんな祥、昨日は定期受診&学校の三者懇談でした。多忙な1日だったね、おつかれさま。

昨日の受診、いつもみたいに和やかにはならず、ちょっと重い空気に。
というのは、祥は頭蓋咽頭腫で手術した後遺症で汎下垂体機能低下症と診断されています。下垂体から発信されるホルモンはすべて出ていないので、外からの補充です。その中でも一番命に関わるホルモンが副腎皮質ホルモンです。
そのホルモンのコントロールがずっとうまく行かず…、検査を重ねながらコントロールを行っていました。今回もこの受診の1週間前に検査を行っていました。
最近の祥は何とか6時間授業を受けることが出来るようになり、自力登下校も出来るようになってきました。コントロールは良好になってきたのかと思ったら…、結果は前回検査時より体内の副腎皮質ホルモンの値は低いという結果。まだまだ足りてない様子です。
また魔法の薬、成長ホルモン。このホルモンを注射し始めてから、汗をかくことが出来るようになり、身長も20センチ以上伸ばすことが出来ました。成長ホルモンを注射し始めて3年ちょっと、最近はその反応が落ちてきているみたいです。ちなみに祥は現在153.9cm、男の子としてはもう少し欲しいところです。

副腎皮質ホルモンについては体内に足りていないままの生活は意識消失の危険もあるため、また増量する事になりました。ずっとあまり飲みたくないと言ってる祥の気持ちは分かるけど、このホルモンは命を落とすこともある大切なホルモン。仕方がないよね…。
成長ホルモンについては、主治医よりそろそろ性ホルモンとの併用を考える時期に来ているのではないか、ただ性ホルモンとの併用で期待出来るのは10cm弱くらい。それ以降は身長は止まるから、祥は伸びたとしても160cmちょっとになるだろう…と。
性ホルモンを使うにあたり、負荷試験を行う必要がある。早く始めたいから冬休みに入り次第、すぐに入院をしましょう…と。

私はこの流れは散々調べているので何となく分かっているので、特に問題なくその時期に来たのですねと、すぐに理解することが出来ました。
でもこの話、祥には言葉の断片的な部分しか入らなかったのでしょう。とても不安になったのだと思います。ボロボロと泣き出してしまいました。

僕はどうなるの…
もう背は伸びないの…

祥は自分のホルモンがないとしても、成長ホルモンを打ち続けたらみんなと同じように170cm近くは背が伸びるだろう…そう期待していたみたいです。でも今日、先生に言われたことはあまりにも違っていた。こんなに頑張って毎日打ってるのに…
思ったようにならない苛立ちと、どうなってしまうのかという不安が大きかったみたいです。
いきなりいろいろなことを言われたら、心の整理が出来ないよね。どうしたら良いか分からないよね。

主治医と私で友達たちがそうであるように、成長ホルモンと性ホルモンは中1~2年生くらいでぐーんと出ることによって二次性徴が発現すること、その時に背もグンと伸びること。自分が思うように背は伸びないかもしれない、でもそれは病気になったからではなく、みんな生まれもって決まってるものであることなどを説明しました。
祥にはすぐには受け入れられないようでしたが、少しずつ話していったらきっと分かってくれるよね。
また1つ大人になるためにも、入院して負荷試験を受けようね…


かなり精神的ダメージが大きいままに学校の三者懇談へも。
まだ1年生なので、厳しく成績のことを言われることはありません。
でも本人にこの成績で満足しているのか、満足していないのなら自分には何が足りないのか、どうしたら自分が期待する成績に近づくことが出来ると考えているか…、担任にそう尋ねられた祥。何も答えることが出来ません。答えられないよね、だって、祥、病院受診で思考停止状態だから。

担任に病院での出来事を話すと、担任よりまずは身体の調子を整えて授業を受けることが出来るようにすることが1番。授業欠席が多いから…。特に同じ授業の欠席が多いのはただしんどいだけではなくて、精神的にもこの授業には出たくないという思いもあるのではないか…と。
何も祥は答えなかったけど、それもあるのかもしれないな…とは思いました。
祥は多分、今まで2時間くらい受けるのが限度だったと思う。そうすると必然的に3時間目、5時間目あたりが欠席時間になってしまっていたと思います。1週間の時間割が決まっている中学では同じ授業を欠席してしまうこともありえるし、こればっかりは祥が自分の思いを言わない限り、私たちには分からないことで、そこは話すことは出来なかったけれど…。

病院受診でも学校でも精神的ダメージを受けた祥は、家に帰ってきてからも無言でした。
私も話しかけようとしても言葉が見つからず…。


今日の朝、起きてきた祥はいつもの祥でした。
あえて何も聞かなかったけど、自分の中で消化したのかな。
きっとこうして成長していくんだろうけど、大人になっていくのだろうけど…。
親として何をしてやれるのかな。こうして見てることしか出来ないのかな。

自分は何気なく生活して大人になってしまったような気がする。
でも祥は身体のことも学校のこともいっぱい制約もあって、したいように出来ず、不安の中生活してる。
少しでも何かしてあげたいけれど、ここは祥が今後乗り越えなきゃいけない壁なのだろうか。
見ていて切ない。
プロフィール

kon

Author:kon
頭蓋咽頭腫腫瘍摘出術後、汎下垂体機能低下症にて療養中の長男と、その家族のほのぼの日記です(^^)v
Facebookでも書き込みしています。友達、随時募集中です^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。